熊本県立装飾古墳館分館 歴史公園鞠智(きくち)城・温故創生館

  • │
  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム
  • │

  • お知らせ・イベント
  • 鞠智城について
  • 温故創生館のご案内
  • 周辺観光マップ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク集

トップページ > 鞠智城とは > 古代山城めぐり

文字の大きさ小中大

鞠智城について

  • 鞠智城とは
  • 鞠智城内施設マップ
  • 鞠智城の歴史
  • 復元建物と城内施設
  • 鞠智城散策ルート
  • 菊池川流域の歴史と鞠智城
  • 古代山城めぐり

古代山城めぐり

石城山神籠石(いわきさんこうごいし)・山口県光市

2012.06.09 掲載

 石城山神籠石(いわきさんこうごいし)は、山口県光市の石城山に所在する古代山城です。石城山の頂上に近い部分を列石・土塁が巡っていて、その長さは約2.6kmに及びます。その中でも谷間にあたる部分には水門がつく大規模な石塁が築かれており、その規模や構造は近世城郭の石垣と見まがうほど立派なもので、見る者を圧倒させます。また、城門の跡も確認されていて、第1門跡では「沓石」と呼ばれる唐居敷(門礎石)も見つかっています。この唐居敷は兵庫県たつの市の播磨城山城に残る唐居敷と形態的によく似ているものです。

 

 この神籠石が発見されたのは古く、明治42年のことで、それまで九州でしか見つかっていなかった神籠石が本州でも見つかったということで、考古学界においてかなり注目されたとのことです。日本考古学史においても重要な位置を占める遺跡といえます。

 

 現地は、石城山の麓から神籠石内部まで道路がつながっているので車で登ることができ、見学者用の駐車場もあります。列石や石塁、門跡等を見るためには遊歩道に沿って歩かないといけませんが、それぞれの遺構はかなり見応えがあります。山口方面へ行かれた際には石城山神籠石まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 写真は上から、西水門、北水門、第1門跡の唐居敷(沓石)です。

 


バックナンバーはこちら


  • サイトマップ
  • │
  • お問い合せ
  • │
  • ホーム

このページの先頭へ


〒861-0425 熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1 TEL/0968-48-3178 FAX/0968-48-3697

 COPYRIGHT (C) KIKUCHI-CASTLE / ONKOSOUSEIKAN 2006.ALL RIGHTS RESERVED.